競売物件の資料について

裁判所によって行われる不動産競売の入札には、基本的に誰でも参加することができるそうです。

入札への参加が制限されるのは、当事者でもある債務者と、過去の入札に参加し、落札したにも関わらず売却代金を支払わなかった人だけだそうですから、ほとんどの人には当てはまらないと思いますから、参加しようと思えばだれでも参加することが可能なようです。

競売にかけられる不動産にはいろいろあるそうですが、普通の住居として使えるものが多く、落札価格が普通の不動産取引で入手するよりも、安価になるケースが多いために一般の人でも参加する人がいるそうですし、最近は増えている傾向があるようです。

また、一般の人が参加する場合にいろいろとサポートしてくれるような会社もあるそうですから、そういう会社に依頼して参加する人や、サポートしてもらいながら参加する人も増えているようです。

どのような物件が競売になっているかの大まかな情報は、新聞や雑誌、インターネットの専門のサイトなどで見ることができるようです。

競売にはだれでも参加できるようですし、大雑把な情報は、新聞・雑誌・インターネットなどから簡単に入手できるようです。

ただ、実際に参加するためにはもっと詳しい情報を入手する必要が出てくると思いますが、そのような情報も誰でも閲覧できるようになっているようです。

競売の不動産物件は、その物件がある地域を管轄している地方裁判所に、3点セットと呼ばれるさらに詳しい資料が用意されていて、その資料についても誰でも閲覧できるようになっているそうですから、管轄の地方裁判所まで行けば閲覧することができますし、コピーして持ち帰ることも可能なそうです。

また、最高裁判所が運用している競売の専用サイトには、各地の詳細な資料があり、自由に閲覧・ダウンロードできるようになっているようです。

ただ、このサイトにはすべての物件についての資料が用意されているわけではないようで、そこで閲覧したい物件の詳細な資料が見つからない場合は、その物件を管轄する地方裁判所まで出向く必要があるようです。


Comments are closed.