競売物件のメリットについて

裁判所によって、売却される競売物件は、本来の所有者が支払いの義務を果たせなくなったために行われますが、物件の種類はいろいろなものがあるようです。

多いのは、一般の不動産屋さんでも数多く取り扱っているマンションや一戸建て住宅などのようですが、店舗やオフィスビルなども多いようです。

ただ、責務者が所有しているあらゆる不動産物件が対象になりますから、一般の不動産取引では、あまり取り扱っていないような物件もあるそうです。

例えば、地域によっては農地や、そこのたどりつくのも大変なような山間部にある山地なども対象になることがあるそうですし、あまり住宅を建てるのには向かないような細長い土地や変形している土地なども競売されることがあるそうです。

当然このような特殊な物件は一般の不動産会社はほとんど扱わないので、何かの理由でそのような不動産を必要にしている場合は、競売物件をチェックするのも一つの方法となっているようです。

特殊な物件があるのは、競売物件のメリットのひとつになっているようです。

特殊な不動産物件もあるのが裁判所によって行われる競売の特徴であり、そのような物件が必要な人にとっては、メリットの一つになっているようですが、普通に自分たちが住む住宅や、仕事で使うオフィスや店舗を探している人達にとって、最大のメリットになるのは、競売物件の方が、同じような物件を一般の不動産市場で購入するよりも、安価で購入することができる点になってくるようです。

裁判所は、不動産鑑定士が調査をもとに入札の際の最低売却価格を決めるそうですが、その価格は競売される物件であることを考慮して、一般の不動産取引の市場価格から3割程度低くなっているそうですし、場合によっては半額以下の場合もあるそうです。

落札するのは最高価格で入札する必要がありますが、それでも市場価格の80%ぐらいの価格で落札できることが多いそうですし、最適入札価格が低く設定されていた場合は、半額程度で落札できる場合もあるそうです。

このように格安で不動産が入手できるのが、最大のメリットになっているようです。


Comments are closed.