競売に参加する時の注意すること

不動産の競売物件は、普通の不動産取引で不動産を入手するよりも、安い価格で不動産を手に入れることができるので、非常に魅力的だと思いますが、競売に参加する時にはいくつか理解しておかなければいけないこともあるようです。

まず、入札に参加しても、必ず自分の希望する物件が落札できるとは限らない点です。

落札できるのは最高金額で入札できた人だけですから、欲しい物件が必ず落札できるとは限りません。

どうしても落札しようと思えば、思い切った金額で入札すればよいと思いますが、そんなことをすれば普通に不動産取引で購入するのとあまり変わらない金額になってしまいますから、競売を利用する意味がなくなってしまいます。

入札に参加する物件の一般の不動産市場での評価額を把握して入札する額を決めていく必要があると思いますし、本当に競売で不動産を手に入れたいのであれば、一度だけ落札できるとは思わず、何度か入札にチャレンジするつもりで根気よく行うことも必要になってくるように思います。

裁判所が行う競売に参加する場合は、運よく一度で落札できるとは限らないので、根気よく何度か参加する必要があると思いますが、どの物件に参加するかを見極めることも大事になってくるようです。

普通の不動産取引の場合は、売主は、買主に対して法律上にいろいろな義務を果たす必要があるそうですが、競売物件の場合は、裁判所が行ってくれるのは、所有権の移転だけになってしまい、後は買主が自分で対応する必要が出てくるようです。

自分たちで住むつもりで落札しても、入居者がいてなかなか立ち退いてもらえない場合や、すぐに住めるような状態ではない場合もあるそうですから、入札に参加する前に、物件のことをしっかりと調査してから参加することが必要になってくるようです。

裁判所などに物件の資料が用意されているそうですから、それをきちんと閲覧することも必要なようです。

物件の中を見せてもらうことはなかなかできなそうですが、物件のあるところに行ってできるかぎり情報を集めることも大事になってくるようです。


Comments are closed.