一般の人が競売に参加する場合

以前は裁判所の行う不動産の競売は特定の業者や不動産会社だけが入札に参加することが多かったようです。

基本的に誰でも競売に参加できると言っても、かなり特殊な物件ですし、手続きもいろいろと必要になってくるようですから、そのようなことに精通している業者や不動産会社しか対応できなかったようです。

競売の入札方法も以前は、裁判所でせり売りによって行われていたそうで、そうなってくると落札するためには、駆け引きも必要になってくるように思いますから、仮に一般の人が参加してもとても落札できなかったのではないかと思えます。

今は一定期間に入札を行えば良い期間入札になっているそうですし、郵送による入札もできるようになっているそうですから、そのような点では参加しやすくなっているようですし、実際に一般の人が入札に参加するケースも増えてきているようです。

以前に比べれば、参加しやすくなり、参加している人もいるようですが、実際に落札して不動産を手に入れるまではなかなか大変な作業になってくるように思います。

以前に比べると、裁判所が行う不動産競売に一般の人でも参加しやすくなってきているようですが、いろいろとクリアしないといけないハードルは高いようです。

例えば、どの物件の入札に参加するかを決めるためには、物件の情報を調べる必要があると思いますが、その参考になるのは3点セットと言われている資料で、そこから物件の状態を読み取ることが必要になってきますし、これらの資料は数か月前に作成されるそうですから、きちんと現場調査をする必要もあるようです。

なかなか物件の中までは見せてもらえないそうですから、近隣の人から情報を集めるようなことも必要になってくるそうです。

このようなことを考えると個人が自力で競売に参加するには、以前としてハードルが高いように思えます。

ただ、最近は一般の人でも競売に参加するのを希望する人が増えているために、入札から落札、さらに物件の引き渡しまで代行してくれるような会社もあるようですし、個人で参加する場合にいろいろとサポートしてくれる会社もあるようです。


Comments are closed.